キリスト教会漫才2018「覆面捜査員たち」中国共産党がクリスチャンを迫害する新しい手段

キリスト教会漫才2018「覆面捜査員たち」中国共産党がクリスチャンを迫害する新しい手段

無神論政党として国家の実権を握る中国共産党は、宗教の信仰を完全に禁じ、中国を神のいない国にしようと様々な陰謀を企て、罠を仕掛けるなど、卑劣な方法でクリスチャンたちを逮捕・迫害している。今回の掛け合い漫才「覆面捜査員たち」は、そのやり口を暴こうするもので、捜査員が別人になりすまして信者を陥れ、全能神教会の内部に入り込んで逮捕する様子は、まさに「宗教の自由」が机上の空論であることを明らかにしている。

おすすめ動画

キリスト教会漫才2019「監視」 中国共産党の人権侵害は極限まで達している

キリスト教会漫才2019「街中に電子の目あり」 いかにして中国共産党は人権を侵害しているのか

東方閃電全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

特別声明:このビデオは、全能神教会によって非営利目的の作品として制作されました。登場人物はみな非営利目的で参加しており、いかなる形の報酬も受けていません。このビデオを営利目的で第三者に配布することはできません。皆様がこのビデオを配信し、多くの方と共有されることを願っています。配信時には、出典を明らかにしてください。いかなる組織、社会団体、または個人も、全能神教会の同意なくこのビデオの内容を改ざんしたり歪曲したりすることはできません。