すべて
その他
「三位一体」の探求
真のキリストと偽のキリストを見分ける
勝利者の誕生
教会荒廃の原因探求
永遠のいのちの道の由来
神の働きと人の働きを見分ける真理
神の御名の奥義
「引き上げられる」の奥義
花婿の声を聞き分ける
神の受肉の奥義
裁きが神の家から始まる
パリサイ人の本質の分析
主が再臨される時にはどのように現れるか
天国に入る道の探求
聖書の解読
救いと完全な救い
キリスト教映画「待つ」抜粋シーン(7)全能神が神の6000年計画の奥義を明らかにされる 日本語吹き替え キリスト教映画「待つ」抜粋シーン(1)主の再臨にどう注意を向け、待つべきか 日本語吹き替え キリスト教映画「待つ」抜粋シーン(2)賢き乙女は真のキリストと偽りのキリストを見分けることができる 日本語吹き替え キリスト教映画「待つ」抜粋シーン(5)神の声を聞き分ける方法(1) 日本語吹き替え キリスト教映画「待つ」抜粋シーン(6)神の声を聞き分ける方法(2) 日本語吹き替え キリスト教映画「待つ」抜粋シーン(4)主の再臨を拒む者達の末路 日本語吹き替え キリスト教映画「待つ」抜粋シーン(3)神様の御意向に従う者だけが神の国に入ることができる 日本語吹き替え キリスト教映画「勝利の凱歌」抜粋シーン(7)終わりの日の神の裁きが勝利者をつくる キリスト教映画「勝利の凱歌」抜粋シーン(6)清めと救いにいたる道 キリスト教映画「勝利の凱歌」抜粋シーン(5)なぜ、主は終わりの日に裁きの御働きをなさるために戻られるのか キリスト教映画「勝利の凱歌」抜粋シーン(4)主イエスの再来のしるし キリスト教映画「勝利の凱歌」抜粋シーン(3)勝利者はどのようにしてうまれるのか キリスト教映画「勝利の凱歌」抜粋シーン(2)現代のパリサイ人を見抜く方法 キリスト教映画「勝利の凱歌」抜粋シーン(1)主は再来の時、どのようにして出現され、御働きをなさるのか? クリスチャン映画「福音の使者」 抜粋シーン(3)牧師と長老たちは主の再臨をどう扱っているか クリスチャン映画「福音の使者」 抜粋シーン(2)キリストは受肉した神 クリスチャン映画「福音の使者」 抜粋シーン(1)主イエスは、十字架の上で「すべてが終った」と言われたとき、何を意味されたのでしょうか? クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(5)パリサイ人が神に敵対するのは何故か クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(3)受肉の奥義を明らかにする クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(2) 受肉による神の再臨について、聖書にはその根拠があるのか クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(1)東方閃電が宗教界を震撼させる キリスト教映画「私の主は誰か」抜粋シーン(5)神様の足跡に従う人だけが永遠のいのちの道を獲得できる|日本語 聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(4)神様と聖書の関係とは|日本語 聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(3)「聖書はすべて神様に霊感を受けたものか」という議論について|日本語 聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(2)神の働きや言葉は全て聖書の中に書かれているのでしょうか|日本語 聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(1)荒廃した教会の復興|日本語 聖書に関する映画「神様の名前は変わった?!」抜粋シーン(2)神の名は本当に変わることはないでしょうか? 聖書に関する映画「神様の名前は変わった?!」抜粋シーン(1)聖書に記されている以外に神の御言葉は存在しますか 聖書に関する映画「神様の名前は変わった?!」抜粋シーン(5)全能神を受け入れることのみが子羊の足跡に遅れずついて行くことです 聖書に関する映画「神様の名前は変わった?!」抜粋シーン(4)なぜ再臨された主は「全能神」の名をとられたのでしょう? 聖書に関する映画「神様の名前は変わった?!」抜粋シーン(3)神の名の重要性 聖書に関する映画「戸をたたく」抜粋シーン(5)主があなたの扉を叩いています。主の声がわかりますか(2) 聖書に関する映画「戸をたたく」抜粋シーン(4)主があなたの扉を叩いています。主の声がわかりますか(1) 聖書に関する映画「戸をたたく」抜粋シーン(3)主がお戻りになって語る言葉で、キリスト教徒は目覚めました 聖書に関する映画「戸をたたく」抜粋シーン(2)主をお迎えするうえの最も犯しやすい間違いとは何でしょう 聖書に関する映画「戸をたたく」抜粋シーン(1)主をお迎えするうえで一番大切な事は何でしょう クリスチャンの証し「対話」抜粋シーン(6)三自教会の牧師に対するクリスチャンの素晴らしい反論 クリスチャンの証し「対話」抜粋シーン(4)権力者に従うことは神に従うことと同じではない クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(5)神様に逆らうパリサイ人の真実を明かす クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(4)主を十字架に釘付けにしたパリサイ人が再び現われました クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(3)主イエスの贖いを受けた後は天国へ引き上げられるのですか クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(2) イエス・キリストの再臨の福音を受け入れることは背教になるのでしょうか? クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(1)主の御心に叶うためには東方閃電をどう扱うべきなのでしょう キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(1)主イエスの再臨についての預言はどのように成就されるのか キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(2)どうすれば主イエスの再臨に確信が持てるのか キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(3)聖書以外に神の言葉や働きは存在しないのか キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(4)罪を赦されることが天国へ入る方法なのか キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(5)終わりの日の神の裁きは懲罰かそれとも救いか ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(1)どのように私たちは主の再臨を迎えるのか ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(3)神の言葉は聖書から離れたところに存在するのか ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(4)聖書を信仰することと、主を信仰することは同じことなのか ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(5)宗教界の牧師や長老は本当に主によって選ばれた者なのか ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(6)牧師や長老たちへの服従は、神への服従と同じだろうか ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(2)主が再臨した時、人の前にどのように現れるのか 聖書映画「夢からの目覚め」抜粋シーン(4)終わりの日のキリストを受け入れ、神の御国に招き入れられる事 聖書映画「夢からの目覚め」抜粋シーン(2)神聖でない者は神の御国に入ることができない 聖書映画「夢からの目覚め」抜粋シーン(1)神の幕屋は人々と共にある キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(4)神様を信仰してインターネット中毒に打ち勝った経験と証し 聖書映画「夢からの目覚め」抜粋シーン(3)神は真理を用いて、終わりの日に人々を裁き、清める キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(1)若者のインターネット中毒に打ち勝つ道はある キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(2)なぜ世の中は暗く悪に満ちているか キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(3)神様を深く信仰するとインターネット中毒に打ち勝てる キリスト教映画「変えられる瞬間」抜粋シーン(1)携挙される賢い乙女たちの歩む道 キリスト教映画「変えられる瞬間」抜粋シーン(2)神の国に招き入れられる唯一の道 キリスト教映画「足枷を解いて走れ」抜粋シーン(2)聖書に書かれたことはすべて神の御言葉なのか 日本語吹き替え キリスト教映画「足枷を解いて走れ」抜粋シーン(3)聖書の先へ:主と共に神の国の宴に集いなさい 日本語吹き替え キリスト教映画「足枷を解いて走れ」抜粋シーン(4)宗教的パリサイ人の縛りから逃れ神の下に帰りなさい 日本語吹き替え キリスト教映画「足枷を解いて走れ」抜粋シーン(1)束縛を退け、真の道を学びなさい 日本語吹き替え キリスト教映画「私の天国の夢」抜粋シーン(3)神様の国はどこにあるか キリスト教映画「私の天国の夢」抜粋シーン(2)神様の国に入るために(その2) キリスト教映画「私の天国の夢」抜粋シーン(5)キリストの御前で裁きを受け命を受け取ることについての証 キリスト教映画「私の天国の夢」抜粋シーン(1)神様の国に入るために(その1) キリスト教映画「私の天国の夢」抜粋シーン(4)終わりの日における神様の裁きの働きと主イエスの働きの違いは何か ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(2)中国共産党と宗教界が非難する道は正しい道ではないか 日本語吹き替え ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(1) 権威を持つ者への服従は神への服従と同じか 日本語吹き替え ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(5)労を惜しまずに働くことは 主に対する信仰の現れか 日本語吹き替え ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(4)聖書を信じることは主を信じることに相当するか 日本語吹き替え ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(3)神の働きと出現は教団になにをもたらすか  日本語吹き替え ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(6)神に対する真の信仰とは何を意味するのか 日本語吹き替え キリスト教映画「待ち焦がれて」抜粋シーン(1)主はこのようにお見えになる 日本語吹き替え キリスト教映画「待ち焦がれて」抜粋シーン(2)神様の現れの奥義を知っていますか キリスト教映画「待ち焦がれて」抜粋シーン(3)主がお見えになった時、誰が真っ先に引き上げられるのでしょう キリスト教映画「待ち焦がれて」抜粋シーン(4)天国は地上にあるのでしょうか、それとも天にあるのでしょうか キリスト教映画「待ち焦がれて」抜粋シーン(5)主が私達に用意してくださった場所はどこにある キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(1)宗教界はバビロンへと堕落した  日本語吹き替え キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(2)なぜ災いは偽善的なパリサイ人に降りかかったのか 日本語吹き替え キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(3)神に反するパリサイ人の本質とは 日本語吹き替え キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(4)聖書を解釈することは神のために証しをすることと同じか 日本語吹き替え キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(5)宗教的バビロンは神の怒りによって堕ちると定められている 日本語吹き替え キリスト教映画「敬虔の奥義:続編」抜粋シーン(6)主イエスは神の子であるか、それとも神自身か? 日本語吹き替え キリスト教映画「敬虔の奥義:続編」抜粋シーン(5)二度にわたる神様の受肉の重要性を理解する 日本語吹き替え キリスト教映画「敬虔の奥義:続編」抜粋シーン(2)神様の受肉を理解する 日本語吹き替え キリスト教映画「敬虔の奥義:続編」抜粋シーン(1)主はどのように再臨されるか? 日本語吹き替え キリスト教映画「敬虔の奥義:続編」抜粋シーン(4)なぜ神様は人類を救うために二度受肉されるのか? 日本語吹き替え キリスト教映画「敬虔の奥義:続編」抜粋シーン(3)キリストの普通の人間性と堕落した人類の人間性の違い 日本語吹き替え 「いにしえは刺の如く」 から、その三「パウロの言葉を見分ける」 「『網』を突き破る」から、その二「牧師、長老の本質を見分ける」 「覚醒」から、その二「救われることと救いを得ることの違い」 キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(6)神様に用いられる人の働きと宗教指導者の働きを区別する キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(5)キリストが真理、道、いのちであることを知る方法 「玉座から命の川の水が流れ出る」から、その九「裁きを経験した証し」 『「網」を突き破る』から、その六『神様の裁きの仕事を証しする』 「終電に乗る」から、その四「大きな白い玉座の裁きは既に始まった」 「戻ってきたその方は誰だろう」から、その八「神様の裁きを経験し、変化を得た証し」 「戻ってきたその方は誰だろう」から、その五「神様の裁きの仕事はだれも代わりにできない」 「玉座から命の川の水が流れ出る」から、その四「裁きの仕事の意義」 「玉座から命の川の水が流れ出る」から、その七「天国に入る基準」 キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(6)神が受肉によって働きを行う必要性 キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(3)神の受肉の奥義 キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(1)人の子の到来の奥義 キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(2) 主は再臨される時、人に啓示を与えられるのか? 「玉座から命の川の水が流れ出る」から、その八「どうやって『永遠の命の道』を得るか」 「『網』を突き破る」から、その五「反キリストを見分ける」 「戻ってきたその方は誰だろう」から、その七「神様の御言葉が人の命になることの意義」 「戻ってきたその方は誰だろう」から、その六「真理に合う言葉と神様の御言葉との違い」 「戻ってきたその方は誰だろう」から、その四「神様の働きと人の働きを見分ける」 「戻ってきたその方は誰だろう」から、その三「神様の御声を聴く」 キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(4)受肉の神だけが終わりの日の裁きの働きを行える キリスト教映画「栄恥」抜粋シーン 神の名の謎を解き明かす 「『三位一体』の奥義探求」から、その二「『三位一体』の神様は本当に 存在するのか?」 「『三位一体』の奥義探求」から、その一「父と子とは一つである」 「愛の使命」から、その三「清められ、救われる道」 「愛の使命」から、その一「どうやって再臨の主イエスを 知るか?」 「終電に乗る」から、その五「神様が受肉して働かれて収めた効果」 キリスト教映画「終電に乗る」抜粋シーン(3 )主が再来される時の働きの方式 「終電に乗る」から、その二「主イエスが肉体に戻るについての預言」 「終電に乗る」から、その一「主の足跡を捜す」 キリスト教映画「心の貧しい人々は幸いである」抜粋シーン(1)教会が荒廃した原因を探る キリスト教映画「心の貧しい人々は幸いである」抜粋シーン(2)救われた人は天国に入れるか キリスト教映画「心の貧しい人々は幸いである」抜粋シーン(3)救われることと真の救いを区別するには キリスト教映画「心の貧しい人々は幸いである」抜粋シーン(4)神様は御言葉を用いて終わりの日に裁きの働きをなさる キリスト教映画「聖書の奥義を解く」抜粋シーン(5)聖書にはどうして間違いがあるのか キリスト教映画「聖書の奥義を解く」抜粋シーン(4)聖書は本当にすべて神様によって啓示されたのか キリスト教映画「聖書の奥義を解く」抜粋シーン(3)誰も預言に書き加えてはならないという黙示録の言葉は何を意味しているのか 「聖書の奥義を解く」から、その二「聖書の真相は何か」 キリスト教映画「聖書の奥義を解く」抜粋シーン(1)明かされた奥義:聖書に記されている以外に神様の働きや御言葉はあるか 「いにしえは刺の如く」 から、その八「世の終わりのキリストが人に永遠の命の道を与える」 「いにしえは刺の如く」 から、その五「心を開く」 「いにしえは刺の如く」 から、その四「パウロの本性の本質に対する認識」 「いにしえは刺の如く」 から、その二「よい行いは『天の父の御心を行う』ことを代表するのか?」 「危うく引き上げられる」から、その八「神様の働きがもたらす効果」 キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(7)人間が語り、真理と一致している言葉は、真理を表わすことができるか キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(5)神様の働きと人間の働きを区別するには キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(4)終わりの日における神様の裁きの働きは勝利者の一団を生み出した キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(3)「聖霊が宿り、二つの霊が混ざり合う」という言葉の誤謬を暴く キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(2)「神様のお姿を生きる人は神様になれる」という言葉の不条理を解剖する キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(1)「神人論」の誤謬を暴く 「『網』を突き破る」から、その三「牧師、長老たちが聖書を講釈する目的」 「『網』を突き破る」から、その四「神様の言葉と人の言葉を見分ける」 「玉座から命の川の水が流れ出る」から、その一「神様の働きの足跡を捜す」 「玉座から命の川の水が流れ出る」から、その二「教会が廃れる根源」 「玉座から命の川の水が流れ出る」から、その三「神様の羊は神様の声を聞き分ける」 「玉座から命の川の水が流れ出る」から、その六「悔い改めの道と永遠の道との違い」 「玉座から命の川の水が流れ出る」から、その五「世の終わりのキリストがもたらした永遠の命の道」