第八章

第八章

わたしの啓示が最高頂に達し、わたしの裁きが終わりに近づくとき、わが民はみな明らかにされ、完全にされる。わたしの歩みは宇宙世界の隅々に及び、わたしの心にかない、わたしが用いるにふさわしい者たちを永久に探し続ける。誰が立ち上がり、わたしに協力することができるだろうか。人間のわたしへの愛はあまりにささやかで、わたしへの信仰はあわれなほどに小さい。わたしの言葉の矛先が人間の弱さに向けられていなかったならば、人間はまるで地上のことに関して全知全能であるかのように、自慢し、誇張し、尊大に高尚な理論を唱えるだろう。かつてわたしに忠実であって、今わたしの前に堅固に立っている者のうちに、あえて自慢する者がいるだろうか。誰が自分の前途についてひそかに喜んでいないだろうか。わたしが直接暴露しなかったとき、人は隠れる場所もなく、恥にさいなまれた。わたしが他の手段で語ったなら、どれほどひどいことになるだろう。人々はより大きな負い目を感じるだろう。自分たちを治せるものは何もないと思い込み、自分たちの消極性のためにまったく動きがとれなくなってしまうだろう。人間が希望を失うと、神の国の礼砲が正式に鳴り響く。それは、人間が語るところの「七倍に強められた霊が働きをはじめる時」である。つまり、神の国の生活が公式に地上で始まる時であり、わたしの神性が(頭脳による処理なしに)直接行動するために現れる時である。すべての人は蜂のように忙しくなる。人々はまるでよみがえったようであり、夢から醒めたようであり、目覚めるとすぐに自らの置かれた状況を知って驚愕する。わたしは過去において教会を建てることについて多くを語り、多くの奥義を明らかにした。教会の建設は最盛期に至ると、突如として終わった。しかしながら、神の国の建設は異なる。霊的領域における戦いが最終段階に達したときにはじめて、わたしは地上で新たに開始する。つまり、人間が退こうとするときにはじめて、わたしは正式に新たな働きを始め、起こすのである。神の国の建設と教会の建設との違いは、教会建設では、わたしは神性に支配される人間性の下で働いたということである。わたしは人間の古い性質を直接取り扱い、人間の醜い自我を直接明らかにし、人間の本質をあらわにした。その結果、人間はそれに基づいて自己を知るようになり、心において、また言葉により確信を得た。神の国の建設では、わたしは直接神性のもとに行動し、すべての人々がわたしの言葉についての認識に基づいてわたしのもつものおよびわたしであるものを知るようにし、最終的には、肉の体の中にあるわたしについての認識を得られるようにする。そうして、全人類による漠然とした神の探求を終わらせ、人間の心の中にある天にいる神の場所を終わらせる。つまり、人間は肉におけるわたしの業を知ることができ、それでわたしの地上での時代は終わる。

神の国の建設は、霊的領域を直接目指している。つまり、わが民すべての間に霊的領域における闘いが明らかにされ、そこからわかるのは、すべての人々は常に戦っており、それは教会の中だけではなく、神の国の時代にはさらにそうであり、そして人間は肉の体をもっているが、霊的領域が直接明かされ、人間は霊における生活に携わるということである。だから、あなたがたが忠実であるようになると、わたしの働きの次の部分に正しく備えなければならない。あなたがたは心のすべてをささげなければならない。そうしてはじめて、わたしの心を満足させることができる。人間が以前に教会で何をしていたかは問わない。今日では、それはわたしの国の中にある。わたしの計画において、サタンは一歩ごとにかかとに噛み付いてきたのであり、わたしの知恵の引き立て役としてわたしの本来の計画を邪魔をする方法と手段をつねに探っている。しかし、わたしがサタンの欺きに満ちた策略に屈するものだろうか。天と地のすべてはわたしに仕えている。サタンの欺きに満ちた策略も同様ではないのか。これはまことにわたしの知恵の交わるところ、これはまことにわたしの業の驚くべきところであり、これはまことにわたしの全経営(救いの)計画が実行される原則である。神の国の建設の時代にも、わたしはサタンの欺きに満ちた策略を避けず、なすべき働きを続ける。宇宙のあらゆるものの中で、わたしはサタンの行いをわたしの引き立て役に選んだ。これはわたしの知恵ではないのか。これはまさに、わたしの働きの驚くべきところではないのか。神の国の時代に入る際には、天と地のあらゆる物事が大きな変化を遂げ、祝い、喜ぶ。あなたがたも同じなのではないのか。誰が蜂蜜のように甘い思いを心に抱かないだろうか。誰が心に喜びがあふれないだろうか。誰が喜び踊らないだろうか。誰が賛美の言葉を語らないだろうか。

わたしがここまで話してきたことから、わたしの言葉の目的と源を把握しただろうか。どうだろうか。わたしがこう尋ねなければ、たいていの人はわたしがただしゃべり続けているだけだと信じて、わたしの言葉がどこから来たかを知ることができないだろう。もしあなたがたが注意深く考えれば、わたしの言葉の重要性がわかる。じっくりと読んでみるとよいだろう。そのうちの何があなたのためにならないだろうか。どれが、あなたのいのちの成長のためにならないだろうか。どれが霊的領域の現実について語っていないだろうか。たいていの人は、わたしの言葉には何の根拠もない、何の説明も解釈もないと考える。わたしの言葉はほんとうにそれほど抽象的で、不可解なものだろうか。あなたがたはほんとうにわたしの言葉に従うだろうか。ほんとうにわたしの言葉を受け入れるだろうか。わたしの言葉を玩具扱いしないだろうか。わたしの言葉を自分の醜い外見を覆う衣として使わないだろうか。この広大な世界で、誰がわたしから直接調べられただろうか。誰がわたしの霊の言葉を直接聞いただろうか。まことに多くの人々が闇の中で手探りし、まことに多くの人々が逆境にあって祈り、まことに多くが飢え、凍えながら、希望をもって見守り、まことに多くの人々がサタンに縛られている。しかし、まことに多くの人々がどこに頼るべきか知らず、まことに多くの人々が幸福の中でわたしを裏切り、まことに多くの人々が恩を知らず、まことに多くの人々がサタンの欺きに満ちた策略に忠実である。あなたがたの中の誰がヨブなのか。誰がペテロなのか。なぜわたしは繰り返しヨブの名をあげてきたのか。そして、なぜわたしはペテロに何度も言及してきたのか。あなたがたはわたしがあなたがたに望んでいることを感知したことがあるだろうか。あなたがたはこのようなことについてもっと時間をかけて考えなければならない。

ペテロは長年わたしに忠実であったが、けっして不平を言わず、恨みがましい心をもたず、ヨブでさえペテロには及ばなかった。長い年月にわたって、聖徒たちもみなペテロには遠く及ばなかった。ペテロはわたしについての認識を求めただけではなく、サタンが欺きに満ちた策略を実行していた時にも、わたしを知るようになった。それが、長年のわたしの心にかなう奉仕をすることにつながり、その結果、サタンに利用されることがついになかった。ペテロはヨブの信仰から学んだが、明らかに彼の短所をも知っていた。ヨブは深い信仰の持ち主だったが、霊的領域のものごとに関する認識を欠いていた。そのため、現実に沿わないことを数多く言っていた。このことから、彼の認識がまだ浅く、完全には至ることができなかったことがわかる。そこで、ペテロは常に霊を理解しようとし、いつでも心して霊的領域の動態を観察していた。その結果、わたしの望みの何かを確信することができただけでなく、サタンの欺きに満ちた策略についても多少理解していた。そのため、ペテロの認識はいつの時代の誰よりも豊かだった。

ペテロの経験から、人間がわたしを知りたければ、霊において注意深く考察することに集中しなければならないということは、容易にわかるだろう。わたしはあなたがたに、外面的に多くのものをわたしにささげることを要求しない。それは二義的な懸念である。わたしを知らないなら、あなたの語る信仰や愛、忠実はすべて幻想にすぎない。それは中身のないものであり、あなたはわたしの前で大いに自慢するが、自分を知らず、そのため再びサタンの罠にかかり、自由になることができないという破目になるのは確実である。あなたは地獄の子になり、破滅の対象となる。しかし、わたしの言葉に冷淡で無関心であるなら、その人は必ずわたしに敵対している。これは事実であり、あなたは霊的領域の門の向こう側に大勢の多様な霊がわたしの刑罰を受けているのを見るとよい。彼らの中に、わたしの言葉に受動的でなく、冷淡でなく、わたしの言葉を拒まなかった者がいるだろうか。彼らの誰がわたしの言葉に冷笑的でなかっただろうか。彼らの誰がわたしの言葉を利用しようとしなかっただろうか。彼らの誰が自分を守るためにわたしの言葉を防御武器として用いなかっただろうか。彼らはわたしの言葉を通じて、わたしについての認識を求めず、単に玩具としてもてあそんだに過ぎない。そうすることで、彼らはわたしにじかに敵対したのではないのか。わたしの言葉とは誰のことなのか。わたしの霊とは誰のことなのか。わたしは何度も、こうした言葉をあなたがたに繰り返してきた。しかし、あなたがたの理解がさらに高度で明瞭であったことがあるか。経験が真実であったことがあるか。もう一度言う。わたしの言葉を知らず、受け入れず、実践しないのなら、必ずわたしの刑罰の対象となる。必ずサタンの餌食になる。

1992年2月29日

第八章