真実を実践する経験

そう遠くない昔に、『いのちに入ることに関する交わりと説教』について聞き、これにより、真理を実践する者のみが真理を得て、最終的に真理を所有する神の承認を得られる人間となるということを理解しました。それ以降、私は、日々の生活の中で自分の肉を諦め、真理を実践するよう意識的に努力してきました。その後しばらくして、私は、私がいくつかの真理を実践できたことを嬉しい気持ちで発見しました。たとえば、かつて私は、自分の悪い側面を見せるのを恐れていました。現在は、私の腐敗した性質を詳細に分析できるよう、兄弟姉妹に意識的にこれを見せています。かつては、刈り入れられ、取り扱われると、言い訳をしたり、責任を回避したりしていました。現在は、私の悪い行動を正当化しようとする代わりに、自分自身を否定する意識的な努力をしています。かつては、パートナーとの間で食い違いが起きると、私は狭い心で卑劣になり、不機嫌になっていました。現在は、このような状況に遭遇したら、自分の肉を諦め、他者に対して寛容と忍耐を実践しています。…真理の実践における自分自身の進展について考えるたび、極めて幸せな気分になっていました。私がいくつかの真理を実践できるということは、私が正真正銘の真理実践者であることを意味するかのように思えたのです。このようにして、私は知らず知らずのうち、傲慢で自画自賛する人間になっていきました。

ある日、私は『キリストの言葉の記録』をパラパラとめくっていると、神の次の言葉を偶然目にしました。「『今、自分は真理を実践出来ると思うし、真理を全く実践出来ないということではない。一部の環境では真理に従って物事を行うことが出来るということは、自分が真理を実践している者、そして真理を備えている者のうちに入るということだ。』と言う者も居る。実のところ、従来の状態や、自分が最初に神を信じた時と比較すると、多少の変化がある。従前、あなたがたは何も分からず、真理が何か、腐敗した性情とは何かを知らなかった。現在、あなたがたにはある程度の知識があり、好ましい行動を取ることが出来るが、それは変化のごく一部に過ぎない。それは本当にあなたがたの性情の変化ではない。なぜなら、あなたがたは自分の本性が関連する高度で深遠な真理を実践していないからである。何らかの変化があるならば、それは自分の過去と対照的なものであり、自分の人間性の僅かな変化である。しかし、最高の状態の真理と比較すると、あなたがたは酷く的外れである。つまり、あなたがたは真理を実践する時に、当を得ていないということである。」これらの言葉を読んだ後、愕然とする気持ちを抑えることができませんでした。私が達成したすべてのことはいくつかの良い行ないに過ぎないのでしょうか。真理を正真正銘実践するにはまだほど遠い場所にいるのでしょうか。そもそも、真理を正真正銘実践するとはどういう意味でしょうか。私は、この質問に対する本当の答えを探索し始めました。その後、交流の場において、次の言葉を見つけました。「進んで真理を実践するものは、その対価を払うことができ、それにまつわる苦難を進んで受け取る。明らかに、これらの心は、幸福感と喜びに満ちている。進んで真理を実践するものは、人に見せるために行動しているわけではないので、ぼぅっとしたまま行動することはない。これらが正常な人間として所有する良心と理性により、神の創造物としてその責任を果たそうとする。これらの者にとって、真理を実践することは人間であることの本質であり、正常な人間が所有する本質である」(「真理は熱心に実践されなければならない」より)これを読み、ようやく次のことを理解しました。正真正銘の真理実践者は、それを行なう目的を理解するからこそ真理を実践できる。彼らは、真理を実践することは人間になるということだと知っており、それは人間が持つべき資質である。したがって、彼らはこれを見せびらかそうとはせず、それを責任とみなしている。彼らは進んで苦難に耐え、対価を払い、そこには個人的な意図や欲求はない。一方、私はどのように真理を実践してきただろうか。私の腐敗した性質が現れると、私はそれを兄弟姉妹にそのまま見えるようにして、「ほらね、私は素晴らしく真理を実践しているでしょう。私は、自分自身の腐敗した性質を晒すことができる。だから、あなたがたより優れた人と言える、そうでしょう?」と考えていたかもしれない。私が刈り入れられ、取り扱われると、声に出して言い訳はしなかったかもしれませんが、心の中では、「ほらね、もう言い訳はしていません。大きく進歩したでしょう?今なら、真理を進んで受け入れる人としての資格があるかも知れない、そうでしょう?」と呟いていました。パートナーと対立する時は、意識的に自制し、表に出さないようにしていたかもしれませんが、心の中では、「ほらね、私は狭い心で卑劣になっていた昔の私とは違う。私は変わった、そうでしょう?」と考えていました。・・・そして、私がどのように真理を実践しているかについて考えると、結局、私は真理を本当には実践していないことに気が付きました。私は利己的な動機と欲求でいっぱいでした。私は見せびらかすために行動していました。他人に私を尊敬し、褒めてもらいたいと考えていました。真理の重要性を理解したからと言って、それを実践しているとどうして言うことができたでしょう。神を満足させるために、私はこれをどのように実践していたでしょうか。私は自分自身を満足させ、他者に見せびらかすためにこれを実践していました。私はいんちきをし、神を騙していました。現実には、私は真理を裏切っていたのです。私が言っていた「真理の実践」は、ルールに従っているだけに過ぎなかったのです。これは、一定の悪い習慣を断ち切るための自制の練習でした。それは外側の変化に過ぎませんでした。真理実践者となるのに必要な基準を満たすにはほど遠い所に今も昔も私はいます。それにも関わらず、私は恥ずかしげもなく自分を真理実践者とみなすだけでは飽き足らず、その結果、自画自賛する人にまでなっていました。私の行動は、本当に常軌を逸していました!

神よ。神の啓示とお導きに感謝します。私は真理実践者ではなく、私が行なっていた真理の実践は神の基準を満たしていなかったことを私に見せてくださり、ありがとうございます。今日から、私は進んで自分自身の意思をよく観察し、真理を実践するのに必要な基準に到達できるようにしたいと思います。自分自身から不純物を取り除き、正真正銘の真理実践者になります。

湖南省株洲市 恒心

関連した内容

  • 真に善良な人の条件

    私は、善良な人とは庶民と親しく言葉を交わす人、彼らと口論や喧嘩をしない人、または各々の兄弟や姉妹達に良い印象を与え、その者達から良い評価を得る人ではないことが解ったのです。真に善良な人とは、前向きなものを愛し、真理と義を求める人、人生において現実的な目標を持ち、義の理知を抱き、善と悪の識別ができ、神が愛されるものを愛し、神が軽蔑されるものを軽蔑する人、そして自分自身の本分を尽くすために自ら全力を注ぎ、自分自身の人生を真理と義に捧げる意思と勇気を持つ人なのです。

  • 私は神の御救いを受けました

    「神のすることはすべて、あなたたちへの真の愛である。神に悪意はまったくない。神があなたたちを裁くのは、あなたたちの罪の故である。それは、あなたたちが自分自身をよく吟味し、このすばらしい救いを受けられるようにするためである。

  • 嘘の背後にあるもの

    なぜ、人は決して正確に話すことができないのでしょうか。これには、3つの主な理由があります。1つ目の理由は、人々の思い込みが間違っているためです。物事に対する見方が間違っていて、それで彼らもまた不正確に話すのです。2つ目の理由は、人々の力量があまりにも欠けているためです。彼らは実際的な調査なしに物事をぞんざいに行い、噂話しが好きで、その結果、多くの脚色を付け加えてしまうのです。もう1つの理由は、人が悪い性質を持っているという点です。彼らは話すとき、自身の目的を達成するために、個人的な意図を混ぜて話します。人を騙すために嘘をつき、人を欺くために故意的に真理を捻じ曲げて話します。この状況は人間が作り出しています。そして真理の追求と自分自身の本性を認めることによって解決しなくてはいけません。

  • 真の意味で真理を受け入れるとはどういうことか

    神の御言葉が真理であるとただ単に認めているだけでは不十分です。あなたはそれを心で受け止め、真理を心の中に宿らせて、権威をもたせる必要があります。それはあなたの心に根を張り、あなたのいのちとなる必要があります。これが真理を受け入れるという本当の意味です