全能神教会をめぐり、ジュネーブの国連会議で、西洋の学者と中国共産党代表者が対決

2018年3月1日、国連人権理事会の第37回会議にて、「社団及び個人の良心の自由協会」(CAPLC)が、中国における宗教の自由の否定と全能神教会の事例に関して分科会を開催し、国際的な学者と人権・宗教の自由の専門家が、中国、韓国と欧州における全能神教会信者の凄状についてパネル・ディスカッションを行った。全能神教会は中国で過酷な迫害を受けており、韓国と欧州では、信者の亡命申請がしばしば却下される。このイベント中、西洋の学者と中国代表団の共産党代表者の間で討論が行われた…

関連した内容

  • 全能神教会への迫害が国連で明らかに!中国共産党はなぜ宗教の信仰を迫害するのか

    6月19日、第38回国連人権理事会が開かれました。社団及び個人の良心の自由協会(CAP LC)の代表ティエリ・ヴァレ(Thierry Valle)氏が7つのNGO団体を代表して、人権理事会において口頭で声明を出しました。その声明の中で、中共が全能神教会を迫害し続けている問題を提起しました。さらに中…

  • 絵画展:全能神の現れ、働きと全能神教会の歴史

    主イエスは預言しました。「見よ、わたしは、すぐに来る」。(ヨハネの黙示録 22:7)「ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう」。(マタイによる福音書 24:27)「いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう…

  • 欧州宗教及び信仰の自由円卓会議──全能神教会の信者の亡命希望者の支援を求める書簡

    ブリュッセルの欧州連合(EU)議会の議員の皆様及び欧州連合全加盟国の大使の皆様へ – 2019年7月23日 送付先: 宗教または信仰の自由のEU特使のヤン・フィゲル(Jan Figel)様 国連の信教の自由に関する特別報告者を務めるアフメド・シャヒード(Ahmed Shaheed)様 全能神…

  • 中国共産党は「邪教取り締まり」を口実に宗教信仰を迫害する邪教とは何か

    中国共産党は権力掌握以来、必死で宗教信仰を抑圧してきました。中共の宗教政策と、中国の人権状況は多くの民主主義国家や国際人権団体から非難されています。中国政府の「カルト」の定義とそれを口実にした宗教信仰弾圧は国際社会から深刻な懸念と批判を招いています。今回はイタリアの新興宗教研究センターの創設者であ…