絵画展:全能神の現れ、働きと全能神教会の歴史

主イエスは預言しました。「見よ、わたしは、すぐに来る」。(ヨハネの黙示録 22:7)「ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう」。(マタイによる福音書 24:27)「いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう。しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない。」(ルカによる福音書 17:24-25)「耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。」(ヨハネの黙示録 2:7)今日、この主イエスの預言がすべて成就しました。神の現れを待ち望み、主イエスが雲に乗って来ることを願う大勢の人々が、神の声を聞き、神の御座の前に上げられました。1991年、世界の東方である中国で、人の子が語り始め、夜明け前の暗い夜の沈黙を打ち砕き、中国のさまざまなキリスト教宗派を揺り動かしました。人々は大いに喜び、騒ぎながら語り合い、主イエスが再臨し、神が語り始めたことを証ししたのです。わずか10年余りで、この人の子が発した言葉は中国本土に広まりました。それは、中国における全能神の現れと働きでした。全能神の現れと働きは中国全土に興奮を巻き起こしただけでなく、世界中を揺り動かしました。全能神が表した数百万の言葉は、インターネットで公開され、各国で閲覧できます。神の現れと働きを待ち望んでいた大勢の人々がその言葉を求め、学び始めています。また、専門家や学者も注目しています。2018年10月下旬、「全能神の現れと働き」と題する絵画展が韓国ソウルの全能神教会(CAG)で開催されました。世界で名をはせる多くの専門家や学者が研究のために来場しました。当教会のクリスチャンが訪問者に、全能神の言葉と働きを体験してからの気持ちや認識を説明しました。

関連した内容