ICFF実行委員:『私の家はどこに』は世界が求めている映画

2018年5月5日、業界屈指の「国際キリスト教映画・音楽祭」が アメリカ南部のオーランド市で成功裏に閉幕しました。5日間の映画祭には世界中から700を超えるキリスト教の映像作品が集まり、全能神教会が制作した『私の家はどこに』は最優秀脚本賞にノミネートされました。その作品についてリポートします。

関連した内容

  • 「万物の主権を握るお方」上映 観客はいのちの神秘に思いをめぐらす

    2018年5月、全能神教会はミュージカルドキュメンタリーを公開しました。「万物の主権を握るお方」は、創造主の全能性と統治を証する傑作です。力強い特殊効果と感動的な合唱音楽が組み込まれ、宇宙と世界のすべて そして人の運命を支配し、人類の歴史を推進した神の事実が展開されます。この感動の映画を見れば い…

  • マッシモ・イントロヴィーニャ 第2部:全能神教会に対する中国共産党による風評攻撃の分析

    周知のように、中国共産党はウソと暴力によって権力を掌握し、権力維持のためにもウソと暴力に頼っている。中共の支配はウソ、暴力、殺戮以外の何物でもなく、宗教を人民の精神的なアヘンと見なして、無神論を広めている。クリスチャンは神の御心を行うべく福音を説き、神の証しをするが、中共はそうした義の行いに対し、…

  • 絵画展:全能神の現れ、働きと全能神教会の歴史

    主イエスは預言しました。「見よ、わたしは、すぐに来る」。(ヨハネの黙示録 22:7)「ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう」。(マタイによる福音書 24:27)「いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう…

  • マッシモ・イントロヴィーニャ 教授第1部:中国政府によるクリスチャンの弾圧──ウソと暴力

    周知のように、中国共産党はウソと暴力によって権力を掌握し、権力維持のためにもウソと暴力に頼っている。中共の支配はウソ、暴力、殺戮以外の何物でもなく、宗教を人民の精神的なアヘンと見なして、無神論を広めている。クリスチャンは神の御心を行うべく福音を説き、神の証しをするが、中共はそうした義の行いに対し、…