10. 本分を尽くすとは何か。

2017-11-24 16

神の言葉

人間が本分を尽くすということは、実際のところ、人間に本来備わっているもの、即ち、人間に可能なことをすべて成し遂げることである。そうすると、人間の本分は尽くされる。奉仕する最中の人間の欠点は、徐々に経験を積むことと裁きを体験する過程を通して少しずつ減少する。それらは人間の本分を妨げることも影響することもない。奉仕中にあるであろう欠点を恐れて、奉仕をやめたり妥協したり退いたりする者たちは、すべての人々の中で最も臆病である。もし人間が奉仕する中で表明すべきことを表明できず、人間として本来可能なことを成し遂げず、その代わりにのらくらし、形だけ奉仕しているふりをするならば、その人は被造物が本来備えているはずの役割を失ったのである。こうした人間は凡庸なくだらない者で、無用の長物であるとみなされる。どうしてこんな者が被造物という呼び名に値するのか。彼らは、外見は立派でも中身は腐った堕落した存在ではないのか。……人の本分とその人が祝福を受けるか呪われるかの間には、何の相互関係もない。本分は人間が全うすべきことで、それは人間が果たすべき必須の使命であって、報酬や条件、理由に左右されるべきではない。そうしてはじめて、本分を尽くしているといえる。祝福された人は裁きの後で完全にされた時に、幸いを享受する。呪われた者は、刑罰と裁きの後もその性質が変わらないのなら、即ち完全にされていないなら、罰を受ける。被造物として、祝福されるか呪われるかに関わらず、人間はその本分を果たし、自分のするべきことをし、できることをしなければいけない。これが神を求める者として、人間の最も基本的な条件である。あなたは幸いを受けるためだけに本分を果たそうとしてはいけない。また、呪われることへの恐れから、行動することを拒んではいけない。一つだけ言っておこう。人間が自分の本分を尽くすことができるということは、その人がしなければいけないことを遂行するということである。もし人間が本分を尽くせないのなら、それは人間の反抗心の現れである。

『言葉は肉において現れる』の「受肉した神の職分と人間の本分の違い」より

6. あなたは、人が行うべきことを行い、自分の責務を実行し、責任を果たし、本分を守るべきである。あなたは神を信じているので、神の働きに貢献するべきである。そうしなければ、あなたは神の言葉を飲食する資格がなく、神の家で暮らす資格もない。

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代に神に選ばれし人々が従わなければならない行政命令10項目」より

働きと言うと、それは神のために奔走し、随所で説教を行い、神のために心血を注ぐことだと人間は考える。その考えは正しいものの、偏りすぎている。神が人間に求めているのは、神のために奔走することだけではない。むしろ霊の中において務め、与えることである。. ……働きとは、神のために奔走することを指すものではなく、人間のいのちと人間が生きながら示すことが神を楽しませることであるかどうかを指す。働きとは、人間がもつ神への信心、人間がもつ神に関する認識を用いて神の証しに立ち、人間を牧することを指す。これが人間の責任であり、全ての人間が気付くべきことである。換言すると、あなたがたがいのちに入ることが、あなたがたの働きである。あなたがたは神のための働きの過程においていのちに入ることを求めているのである。神を経験することとは、神の言葉を食べ飲み出来ることだけでなく、それよりも重要なこととして、神の証しに立ち、神に仕え、人間を牧し、人間に供給することが出来なければならない。これが働きであり、いのちに入ることでもある。これは、あらゆる者が実現すべきことである。神のために奔走して回り、方々で説教をすることだけに重点を置く一方で、自分の経験を軽視し、自分の霊的生活に入ることを無視する者が多数いる。神に仕える者が神に反抗するようになるのは、これが原因である。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(2)」より

人の交流

人はそれぞれどのような本分を尽くすべきでしょうか。人がそれぞれ尽くすべき本分は、その人が実践すべき真理であり、その人が実践すべき真理は、その人が尽くすべき本分、果たすべき義務です。自分の理解している真理、自分の実践すべき真理を実践すれば、あなたは自分の本分をきっちりと尽くしたことになります。真理を実践しなければ、あなたは自分の本分を尽くしていることになりません。気まぐれに振る舞い、神を馬鹿にし、神をぞんざいに扱っているだけです。ゆえに、本分を尽くすことには必ず真理が伴っていなければならず、また真理と密接に結びついていなければなりません。あなたは自分の理解している真理をすべて実行に移し、真理の現実を生きなければなりません。真理の現実を生きることは、人間の真の姿の表現です。神が人間をお造りになったとき、それはこの姿を基にしていました。したがって、あなたが真理の姿を生きるならば、あなたは神を満足させ、神はあなたをご覧になって喜び、あなたを祝福し、あなたに永遠の命を与え、あなたを永遠に生かしてくださいます。しかしあなたが真理の姿を生きないのであれば、あなたは人間と呼ばれるに値せず、神はあなたをご覧になると、せっかく授けた命の息吹をまったく持っていないと考え、そのようなくずなど消してしまわれるでしょう。ゆえに、あなたは神を信じるとき、神が人類に授けられた真理を経験し、実践し、そして最終的には神の御言葉の現実を生きなければならないのです。これが自分の本分を尽くすということです。……あなたの本分に真理が伴っていなければ、あなたは本当に自分の本分を尽くしていることにならず、その代わりにずさんで偽りであり、人を欺き、ただ手順を踏んでいるに過ぎません。あなたは本分を尽くしながら、真理を実践しなければなりません。これこそが真に自分の本分を尽くすということであり、これこそがまっとうに自分の本分を尽くすということであり、ただこのことだけが人間であることの現実を自分のものにしていることです。あなたが自分の本分を尽くしているとき、すでに真理を実践しています。あなたが教会の中で行なう仕事が何であれ、それはすべて真理の実践を含むものであり、あなたが真理を実践しているとき、自分の責任と義務を果たしているのです。それこそがあなたの本分であり、ゆえによく尽くさなければなりません。これが真理の実践の意味です。では、本分を尽くすことと真理を実践することとの本当の関係はどういうものでしょうか。 それらは同じことを解釈する二つの異なる方法です。外側からは今、本分を尽くしているように見えますが、本質的には真理を実践しているのです。ということは、本分を尽くすときに真理を理解していなければ、自分の仕事を正しく行なうことができるでしょうか。できません。まず何より、本分を尽くすということが何を意味しているのか、あるいは正しく本分を尽くすにはどうしたらよいかをはっきり理解していないことになります。第二に、あなたがはっきり理解する日が来たとしても、それでもなお正しく本分を尽くすことができず、いまだに誤りで満たされているでしょう。そのとき、あなたは自分の性質があまりに堕落しており、自分の行なう物事において多くの欠点があるのを見いだすのです。そしてあなたはこの堕落を取り除くため、真理を追い求め始め、そしていったん堕落を取り除き、真理を理解したならば、自分の本分を効果的に尽くすようになります。そのとき、あなたは自分の本分を正しくまっとうに、単に名ばかりでなく実際に尽くすようになるのです。本分を尽くす中で真理を自分のものにしていれば、また本分を尽くす中でひとかけらの堕落も見せることがなければ、それを行なう間にしかるべき結果が得られることになり、またまっとうに真理を実践したことになります。これは絶対的な真理です。ゆえに、あなたが本分を尽くすときはいつでも、どのように真理を追い求めるかが極めて重要なのです。あなたが真理を追い求めなければ、間違いなく、まっとうに本分を尽くすことにはならないのです。

関連した内容

  • 正直な人への入りを実践するにはどうすればよいか。

    神の言葉 あなたは正直でなければならない。また、自分の心の中の狡賢さを取り除くために祈らなければならない。あなたが必要な時にはいつでも自分を清め、神の霊に触れられるために祈りを用いるにつれて、あなたの性質は次第に変化するであろう。 『言葉は肉において現れる』の「祈りの実践について」より 神が人々に…

  • 「すべてを捨て神に従う」の意味は何か。

    神の言葉 あなたは自らの心身と真の愛の全てを神に捧げ、それを神の前に置き、神に完全に従順であり、そして神の心を絶対的に配慮することが出来る。肉でも家族でも個人的願望でもなく、神の家の利益のためである。万事において神の言葉を原則そして基礎とすることが出来る。そのようにすれば、あなたの意図や観点は全て正…

  • 善行とは何か。善行の現れとは何か。

    神の言葉 もしあなたに真理があるなら、神に従っていくことができる。もしあなたが神の言葉に生きているなら、神の言葉の顕れとなることができる。もしあなたがいのちを持っているなら、神の祝福を楽しむことができる。真理を持っている人たちは、神の祝福を楽しむことができる。困難や苦しみに耐え、神を心から愛している…

  • 正直な人と不正直な人の違いは何か。

    神の言葉 わたしは他人に対して疑いを持っていない人を高く評価し、真理を容易に受け入れる人を好んでいる。わたしはこれらの2つの種類の人間を大切にする。わたしの目には誠実な者たちだからだ。あなたが非常に偽りに満ちているならば、あなたはすべての事柄およびすべての人に関して疑いを持つ、器の小さい心と思考を持…