質問2.でも信仰によって、永遠の命を得られるはずだとみな思っています。主の言葉はそれを裏づけます。主イエスは言われた。「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。」(ヨハネによる福音書 11:25-26)「しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。」(ヨハネによる福音書 4:14) これは主イエスのお約束です。主は永遠の命を与えてくださる、主の道は永遠の命への道です。聖書には「御子を信じる者は永遠の命をもつ。御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである」(ヨハネによる福音書 3:36)と。主イエスは人の子でありキリストじゃないですか。主イエスを信じれば、永遠の命を得ることができるんでしょう?終わりの日のキリストが、永遠の命を与えてくださると言われましたね。そこが理解できません。私たちは主イエスの信者です。それだけでは、永遠の命を得られないんですか?なぜ終わりの日のキリストの御言葉や働きを受け入れなきゃならないんです?

2019-04-03 2

解答: 主イエスは受肉した神様であり、神様の出現です。主は言われました。「生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。」(ヨハネによる福音書 11:26)「わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。」(ヨハネによる福音書 4:14) 聖書に「御子を信じる者は永遠の命をもつ」(ヨハネによる福音書 3:36)ともある。これらの言葉は真理であり、事実を語っています。主イエスは受肉した神様ですから、神様の本質と身分を持っています。御自身が永遠の命の道なんです。主イエスの言葉や行いは神様の命の自然な現れです。表されることはすべて真理で、神様の本質なんです。主イエスこそ永遠に尽きない命であり、その道を与えることができるんです。死者を生き返らせることもできます。主を信じることで唯一の神を信じ、永遠の命を得る。それは確かです。主イエスによるラザロの復活がよい証しでしょう。私たちは主イエスの権威によって永遠の命の道を得ます。それでは、なぜ主は永遠の命の道を、恵みの時代にくださらなかったんでしょう?主イエスが来られた理由が、十字架にかけられ人類を贖うためだったからです。終わりの日の清めと救いの働きをされるためではありません。主による贖いの働きは人の罪を赦すためのものです。ですから、人のサタン的な本性と性質を取り去れませんでした。つまり、主を信じると、私たちは罪を赦されますが、サタン的な性質はそのままということです。だから私たちはまだ罪を犯し、神様に刃向かってしまうんです。そうではありませんか?これを前提に、はっきりさせておきましょう。主イエスが恵みの時代にされた贖いは、終わりの日の裁きの働きの道を開きました。ですから、主は贖いの働きを終えたあと、再来を約束されたんです。主は言われました。「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう。」(ヨハネによる福音書 16:12-13)主の御言葉からも分かるとおり、人を清め救うための真理が示されるのは、終わりの日の主の再来のときなんです。「真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれる。」これは終わりの日に、全能神が人類を清め救うために表される真理のことです。これは諸教会への聖霊の御言葉です。終わりの日に神様が授ける永遠の命への道です。だから恵みの時代には、永遠の命への道を得られなかったんです。また主は言われました。「生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。」 聖書に「御子を信じる者は永遠の命をもつ」ともある。実は、主がこうおっしゃったのは、自身が神様の出現であると証しするためです。永遠の命を授けることができると。主イエスを信じる者は決して死なないという約束は、神様の権威を証しするものです。神様自身が永遠の命の道であり──永遠の命を授けられる。人が主イエスの働きで永遠の命を授かったということではありません。皆さんは、もうお分かりですね?ここでちょっと考えてみましょう。人間の想像や観念によると、罪が赦されれば、天国で永遠の命を得られます。ではなぜ主は何度も再臨の預言をされているんですか?人が主を受け入れても、その再臨を受け入れないなら、どうなるでしょうか?主を裏切ることになりませんか?主はこう言われました。「わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。その日には、多くの者が、わたしにむかって『主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか』と言うであろう。そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、『あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ』。」(マタイによる福音書 7:21-23)御言葉は今完全に成就しました。主イエスを受け入れても、その再臨を受け入れないなら、それは御子を信じることですか?それは主を裏切ることです。真に御子を信じるとは、主を信じるだけでなく、その再臨を受け入れること、終わりまでキリストに従うことです。それでこそ永遠の命を得られる。ƒ√

 ご存じのように、恵みの時代に、人が主イエスを受け入れた時、人間は、罪を赦され、神様に祈り、恵みと祝福を受ける資格を得ました。それなのに人間は、いまだに罪深い本性に縛られて、罪にまみれて生きています。主の御言葉を実践できず、神様に服従し畏れ敬うこともできません。いまだ神様に嘘をつき欺きます。富と名声を求め、金銭をむさぼり、世の流れに追随します。神様の働きが人の観念に沿わないと、とくに、人は神様を責め、裁き、抵抗さえする。こんな人は真に悔い改めることさえできない。そんな人が、主に認められることがあるでしょうか?たとえ多くの人が主に従い証言し、命を捧げる覚悟で心から悔い改めていたとしても、堕落した性質が実際に清められて、聖なるものになったでしょうか?彼らは本当に主を知っていますか?サタンの影響から解放され、神様に迎えられましたか?それはありません。周知の事実です。それが証拠でしょう。恵みの時代の主の働きは、単なる贖いの働き、終わりの日の救いと完成への働きではありません。恵みの時代に主が発した御言葉は、どう悔い改めるかだけであって、永遠の命への道ではありません。だからこそ主イエスは、戻ると言われたんです。主イエスの再臨は、人に真理を示し、永遠の命を与えるためです。人がサタンの影響から解放されて、命の真理を見出し、神様を知って従い、畏れ敬い、御心に沿うようになり、天国で永遠の命を得るためです。終わりの日、全能神は主イエスの贖いの働きをもとに、神の家から始まる裁きの働きに着手され──人類を清め救うための真理を示されました。神様の義にして威厳のある侵しがたい性質を示されました。サタンによる人の堕落を裁いて暴かれました。神様への反抗心の根源を暴き、人に神様の意図と要求をお伝えになりました。同時に、人が救いを受けるために必要な真理を明確に示されました。三段階に渡る神様の救いの働きの内幕と本質、三段階の働きの関係、神様と人の働きがどう違うか、聖書の内幕と真実、終わりの日の裁きの奥義、災害の前に人を完全にして勝利者とする奥義、神様の受肉の奥義、神様を信じ従い愛するとはどういうことか、いかに神様を崇拝し悪を避け、キリストと融和するか、有意義な人生を送る方法などです。こうした真理は、終わりの日に人類に授けられた永遠の命への道なんです。真理と命を得たいなら、救いと清めと完全にされることを求めるなら、終わりの日のキリスト・全能神の御言葉と働きを受け入れるべきです。それが真理と命を得る唯一の方法です。全能神の御言葉を見てみましょう。

 全能神は言われます。「神自身がいのちであり、真理であり、神のいのちと真理は共存している。真理を得られない者がいのちを得ることは決してない。真理による導き、支え、施しがなければ、あなたは文字と教義、そしてさらには死しか得られない。神のいのちは常に存在し、神の真理といのちは共存する。真理の源を見つけることができないなら、いのちの栄養は得られないだろう。いのちの施しを得られないなら、もちろん真理は全く得られないので、想像と観念以外には、あなたの肉全体はただの肉、臭い肉でしかない。活字による言葉はいのちとはみなされず、歴史の記録は真理として敬われることはなく、過去の教義は神が現在話している言葉の記録とはみなされない。神が地上に来て人の間に生きているときに告げたものだけが真理であり、いのちであり、神の心であり、神が現在働くやり方である。昔神が語った言葉の記録を現代に適用しようとするのなら、あなたは考古学者であり、あなたにぴったりの表現は歴史的遺産の専門家ということになる。なぜなら、あなたは常に神が過ぎ去った時にした働きの痕跡を信じており、神が以前人の間で働いた時に残した神の影しか信じておらず、神が昔自分を信じる者に与えた道しか信じていないからである。あなたは、神の今日の働きの方向を信じておらず、今ある神の栄光に満ちた顔を信じておらず、現在神が表している真理の道を信じていない。それゆえに、あなたは間違いなく完全に現実から遊離した空想家である。もし今、あなたがなお人にいのちをもたらすことのできない言葉に固執するなら、あなたは望みのない一片の枯れ木だ。あなたは保守的すぎで、あまりに強情で、理性がなさすぎるからだ。

……

 終わりの日のキリストはいのちをもたらし、変わることなく永遠に続く真理の道をもたらす。この真理を通して人はいのちを得ることができ、この真理を通してのみ、人が神を知り神に良しと認めてもらうことができる。あなたが終わりの日のキリストが与えるいのちの道を求めないのなら、あなたは決してイエスに良しと認めてもらうことはできず、天の国の門をくぐる資格を得ることはない。なぜなら、あなたは歴史の操り人形であり歴史に囚われた人だからだ。規則や文字に支配され、歴史に束縛される者は、決していのちを得ることはなく、永遠のいのちの道を得ることはない。なぜなら、彼らが持っているのは、玉座から流れるいのちの水ではなく、彼らが何千年もしがみついてきた汚水でしかないからだ。いのちの水を与えられない者は永遠に死体であり、サタンのおもちゃであり、地獄の子である。そのような者がどうして神に会うことができようか。あなたが過去にしがみつき、足踏みをしながら現状維持しようとし、現状を変え歴史を棄てようとしないなら、あなたは神に常に反することになるのではないか。神の働きの歩みは、押し寄せる波や轟く雷鳴のごとく広大で力強い。それでも、あなたは自分の愚に固執して何もしないまま、座して自滅を待っている。このままで、あなたが小羊の足跡に従う者だと見なされることはあろうか。あなたが神として固執するものが、常にあたらしく古びない神だと言えようか。あなたの黄ばんだ本の言葉があなたを新しい時代に運んでくれることがあろうか。神の働きの歩みをたどれるよう導いてくれようか。そして、それらがあなたを天国に引き上げられるだろうか。あなたの手につかんでいる物は、つかの間の慰めを与えられる文字でしかなく、いのちを与えられる真理ではない。あなたが読む言葉は、あなたの舌を肥やせるだけで、あなたが人の人生を知るうえで助けとなる知恵の言葉ではなく、ましてやあなたを完全にするように導いてくれる道などではない。この食い違いを見て、あなたはよく考えてみようとは思わないだろうか。そこに含まれる奥義を理解させてはくれないだろうか。あなたは、自分で自分を天国に引き上げ、神に会わせることができるのか。神が来なくても、あなたは自らを天国に引き上げ、神と共に家族の幸福を楽しむことができるのか。あなたは未だに夢を見ているのか。それなら、わたしは勧める。夢を見るのを止めよと。そして誰が今働いているのかを見よと。誰が今、終わりの日に人を救う働きをしているのかを見よと。そうしなければ、あなたは決して真理を得ることはなく、決していのちを得ることもない。

 キリストが語る真理に依り頼むことなくいのちを得ることを望む者は、地上で最も愚か者であり、キリストがもたらすいのちの道を受け入れない者は幻想の世界で迷子になった者だ。だから、終わりの日のキリストを受け入れない者は神から永遠に嫌われるとわたしは言う。キリストは、終わりの日に神の国への門となる存在であり、誰も迂回することはできない。キリストを通してでなければ、誰も神に完全にしてもらうことはできない。あなたは神を信じているのだから、神の言葉を受け入れ、神が用意する道を受け入れなくてはならない。真理を受け取ったり、いのちの供給を受け入れることなく、祝福だけを得ようと考えたりすべきではない。キリストは、彼を真に信じる者にいのちを与えるために終わりの日にくる。その働きは、古い時代を終わらせ新しい時代に入るためのもので、新しい時代に入る人が必ず進まなければならない道だ。あなたが彼を認めず、彼を非難したり、冒涜したり、さらに迫害したりするなら、あなたは永遠に火で焼かれなければならず、神の国には決して入れない。」(『言葉は肉において現れる』の「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」より)

 終わりの日のキリスト・全能神が人類を清め救うすべての真理を示されました。その御言葉は神様が与えてくださる糧のすべてです。神様のくださる糧が、私たちの目を開き、知識を広げます。キリストは真理であり、道であり、命である。それが分かります。キリストこそ永遠の命への道です。神の国の時代に神様が発した言葉は、律法の時代と恵みの時代の言葉をはるかに超えています。とりわけ、『言葉は肉において現れる』の「全宇宙への神の言葉」では、神様は全人類に初めて自身を表されました。全人類をお造りになった創造主のご発言を人類が聞くのも初めてのことです。全世界に衝撃が走り、人は目を開かされた。これこそ終わりの日の白い玉座での裁きの働きです。この時代は、神様が裁きの働きをされ、神様の義なる性質がすべての人類に表される時代なんです。神の国の時代には、神様は御言葉を示し、人を裁き、清め、完全にします。災害をもたらし、善に報い悪を罰します。そして神様の義と、威厳と怒りが、人に露わにされるんです。全能神が表す、人を清め、救い、完全にする真理はすべて、終わりの日に人に与えられる永遠の命の道です。神様の玉座から流れる命の水なんです。ですから、信仰の中で、永遠の命への道を授かり、天国へ引き上げられたいのなら、終わりの日のキリスト・全能神の裁きの働きを受け入れるべきです。全能神の御言葉による裁きと刑罰を受け入れるんです。それでこそ聖霊の働きを受け、真理を理解し受け取って、人間は清められ、救われるんです。終わりの日に全能神の裁きと刑罰を受けた人だけが神の国に入る資格を得ます。これは間違いない事実です。私たちが自分の宗教的な思い込みに固執するなら、最後に失うものは大きくなります。賢い乙女は、神様の言葉を聞き、真理を求めます。でも愚かな乙女は、聖書の記述と勝手な思い込みや想像に頼るだけです。神様の声に耳を傾けず、真理も求めません。ある日突然、大災害に見舞われ、泣いて歯ぎしりしても、後悔しても手遅れでしょう。つまり全能神を受け入れない人はすべて、災難を被り罰せられるんです。神様のご意思は、誰にも変えられません。特に終わりの日の全能神の働きをはげしく非難する人は、すでに暴かれています。彼らは終わりの日の反キリスト、このような人々は永遠の懲罰を受け、神様に会う機会を失うでしょう。確かなのは、全能神の働きが、人を種別に振り分け、行く末を決め、時代を締めくくることです。

『私の主は誰か』の映画台本から

関連した内容