質問2.でも信仰によって、永遠の命を得られるはずだとみな思っています。主の言葉はそれを裏づけます。主イエスは言われた。「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。」(ヨハネによる福音書 11:25-26)「しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。」(ヨハネによる福音書 4:14) これは主イエスのお約束です。主は永遠の命を与えてくださる、主の道は永遠の命への道です。聖書には「御子を信じる者は永遠の命をもつ。御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである」(ヨハネによる福音書 3:36)と。主イエスは人の子でありキリストじゃないですか。主イエスを信じれば、永遠の命を得ることができるんでしょう?終わりの日のキリストが、永遠の命を与えてくださると言われましたね。そこが理解できません。私たちは主イエスの信者です。それだけでは、永遠の命を得られないんですか?なぜ終わりの日のキリストの御言葉や働きを受け入れなきゃならないんです?