キリストの初めの言葉 ・ 第三十五章

七つの雷鳴が玉座から発せられ、宇宙を揺るがし、天と地をくつがえし、その響きは空を貫く。その貫くような音はすさまじいので、人々は逃げることも隠れることもできない。稲妻と雷鳴が発せられると、たちまち天地はひっくり返り、人々は瀕死の状態になる。すると、空から激しい暴風雨がやって来て、電光石火の速さで宇宙全体を一掃する。地球の隅々では、それは降り注ぐ豪雨となって全ての片隅や割れ目に流れ込み、染みひとつ残さない。頭の先からつま先まで洗い流し、隠れられるものなどひとつもなく、流されずに逃れられるものは何もない。雷鳴の轟きは、輝く稲妻の不気味な閃光と同様、人々を恐怖に震えさせる。鋭い諸刃の剣は反逆の子らを打ち倒し、まったく逃れる場所がない敵は大災害に直面し、激しい嵐の中で彼らの頭は混乱し、意識を失ってばったり倒れると、彼らは息絶えて、瞬く間に水の流れに流される。彼らは自分の命を守る術もなく、ただ死んでいく。わたしから七つの雷鳴が発せられ、それらはわたしの意図を伝える。その意図とは、エジプトの長子を打つこと、邪悪な者を罰し、わたしの教会を清め、その結果、人々が互いに寄り添い合い、みなが同じように考えて行動し、わたしとひとつの心になり、そして宇宙のすべての教会がひとつの教会として建て上げられることである。これがわたしの目的である。

雷鳴が轟くとき、泣き叫ぶ声が波のように起こる。一部の者たちは眠りから覚め、酷く驚いて、自分達の心の奥深くを探り、玉座の前に急いで戻る。彼らはごまかしたり、騙したり、犯罪を犯したりすることを止める。そのような者たちが目覚めるのに、まだ遅くはない。わたしは玉座から見る。人々の心の奥深くを見る。わたしは、心から、熱心にわたしを求めるものを救い、そのような者たちに憐れみをかける。他の何にも増してわたしを心から愛する者たち、わたしの旨を理解する者たち、そして道の終わりまでわたしに従う者たちを、わたしは救って永遠へと招き入れる。わたしはこの手で彼らをしっかりと掴んでいるので、彼らがこの光景に直面することはなく、彼らが傷つくことはない。ある者たちは、稲妻が走るこの光景を見て、悲惨な気持ちになり、声を上げることができなくなり、悔やむがもう遅過ぎる。このようなふるまいに執着するのであれば、彼らはもう手遅れである。ああ、全てが、全てが……全てが完了するのだ。これはわたしによる救いの手段のひとつである。わたしは、わたしを愛するものを救い、邪悪な者を打ち倒す。そうすれば、地上でわたしの国は安定して揺るぐことはなく、宇宙のあらゆる国々の全ての人々は、わたしは威厳であり、わたしは燃え盛る炎であり、全ての人の心の奥深くを探る神であることを知るであろう。これからは、偉大な白い玉座の裁きが大衆に公に現され、裁きが始まったことが全ての人に告げられる。心にあることを語らない全ての者、疑いを抱いて確信を持とうとしない者、ただ無為に時間をつぶす者、わたしの願いを知っていながら実践しようとしない者――これらの者たちは間違いなく、みな裁かれなければならない。あなた方は自分の意図と動機をよく吟味し、自分に相応しい場所に立ち、わたしが言うことをことごとく実践し、いのちの経験に重点を置かなければならない。表面だけ熱心に行動してはならない。自分のいのちが成長し、成熟し、安定し、経験豊かなものとなるようにしなさい。そうして初めて、あなたはわたしの心に適うようになることができる。

サタンの手下、そしてわたしのすることを妨害し、わたしが建て上げようとしているものを破壊する悪霊どもには、それらに有利となるようなどんな機会も与えてはならない。彼らは厳しく制限され、抑制されなくてはならない。彼らを扱うのは鋭い剣以外にはない。最も悪い者たちは、将来脅威とならないように、直ちに根絶されなくてはならない。教会は完全にされ、障害は一切なくなり、健全で生命力と活力に満ちたものとなるであろう。稲妻の閃光に続いて雷鳴がとどろく。あなたはそれを無視してはならず、また、諦めずに全力で追いつこうとしなければならない。そうすれば必ず、わたしがこの手で何をし、何を得、何を捨て、何を完全にし、何を根絶し、何を打ち倒すのかを見ることができるだろう。わたしの全能性をあなた方がはっきりと見ることができるように、これらの全てがあなた方の目の前で展開するだろう。

玉座から全宇宙の隅々に至るまで、七つの雷鳴が響き渡る。大勢の人々の群が救われ、わたしの玉座の前で服従するだろう。このいのちの光に続いて、人々は生き残る術を求め、自分ではどうすることも出来ずにわたしの元へ来て、跪いて礼拝し、その口で全能なる真の神の名を呼び、その声で神に懇願する。だが、わたしに逆らう者たち、心頑なな人たちには、その耳に雷鳴がとどろき、彼らは間違いなく消滅しなければならない。これこそが彼らの結末である。勝利を収めたわたしの子どもたちは、シオンに留まり、全ての人々は彼らが獲得するものを見、大いなる栄光があなた方の前に現れるだろう。これは実に特別かつ素晴らしい祝福であり、その甘美さは筆舌に尽くしがたい。

七つの雷鳴が発せられると、わたしを愛する者たち、心からわたしを求める者たちへの救いがもたらされる。わたしに属する者たちとわたしが予め定めて選んだ者たちは、みなわたしの名の下に集うことができる。彼らはわたしの声、すなわち神の呼ぶ声を聞くことができる。わたしが義であり、忠実であり、愛であり、憐みであり、威厳であり、燃え盛る炎であり、究極的には容赦ない裁きであることを地の果てにいる者たちに知らせよ。

世の全ての人々に、わたしが実在する完全なる神自身であることを知らせよ。全ての人々は心から納得し、敢えて再びわたしに抵抗しようとしたり、わたしを裁いたり、中傷したりしようとはしない。もしそのようなことをする者があれば、彼らはたちまち呪われ、災いが彼らに降りかかるであろう。彼らはただ泣いて歯ぎしりして、自らの破滅を招くであろう。

一人ひとりが知るように、全ての人々に、宇宙世界の隅々に至るまでそれを知らせよ。全能神こそが唯一の真の神である。全ての人は代わるがわる膝をかがめて全能神を礼拝する。そして言葉を話し始めたばかりの幼子さえも、「全能神!」を呼び求める。権力を振り回すあれらの官僚たちも、真の神の現れを自分の目の前で見、彼らもまたひれ伏して礼拝し、憐れみと赦しを請うであろう。だが彼らの滅びの時が来たので、それはもう遅過ぎるのだ。それは為されねばならない。彼らは計り知れない奈落の底へ落とされる判決が下されるのだ。わたしは全時代に終結をもたらし、わたしの国をいっそう強固にする。全ての国々と全ての人々はわたしの前で永遠に服従するのだ。

関連した内容

  • 全宇宙への神の言葉・第十二章

    東から稲妻が走るとき──これはまた、わたしが話し始める、まさにその瞬間である──稲妻が光るその瞬間、天空全体が照らされ、すべての星々が変化し始める。全人類に正しい清めと分類が行われているかのようだ。東からの光芒の下、人間はみな本来の形を現し、目がくらみ、混乱し、動きがとれずにいる。まして、自らの醜い…

  • 全能神の御国の福音の中国における伝播

    1995年、全能神の御国の福音の証しをする働きが中国本土で正式に開始しました。神への感謝と真の愛をもって、私達はあらゆる教派・分派の兄弟姉妹に対して全能神の御出現と御働きを証ししました。これらの兄弟姉妹の指導者から極度の抵抗と中傷を受けるとは、全く予想しませんでした。私達に出来ることは全能神の御前に行き熱心に祈り、神が自ら御働きを行ってくださるよう懇願することだけでした。

  • 神を再び磔にする者は災いである

    終わりの日において、神は御働きを行なわれるために中国で受肉され、数百万語の御言葉を表され、御言葉によりある集団を征服し救われ、神の家を皮切りに新たに裁きの時代の幕開けをもたらされました。現在、終わりの日における神の御働きの拡大は、中国本土において絶頂期に達しています。カトリック教会とその他のキリスト教派や分派で真理を追求する人々の殆どが、神の王座の御前へと戻っています。受肉した神は聖書で預言されている「人の子の隠れた降臨」の御働きを既に完了され、まもなく世界各国の各地において公に出現されるでしょう。

  • 神の裁きと刑罰に神の出現を見る

    主イエス・キリストに従う他の何億人もの人々と同じように、私達も聖書の律法と戒めに従い、主イエス・キリストの豊かな恵みを受け、主イエス・キリストの名の下に集まり、祈り、賛美し、仕えている。そして、これら全てを私達は主の配慮と加護の下に行っている。私達は時として弱くなったり、強くなったりするが、自分達の行動のすべては主の教えに従うものであると信じている。言うまでもなく、天の父の心にかなう道を歩んでいることも信じている。私達は主イエスの再来を、その輝かしい降臨を待ち望み、また地上における命の終り、神の国の出現、そしてヨハネの黙示録に予言されていることが全てその通りに実現することを待ち望んでいる。つまり、主が到来し、災いをもたらし、善人をねぎらい、悪人を懲らしめ、そして主に従い、主の再臨を歓迎する全ての人々を天に引き上げ神に会わせる。このことを考えるたびに感動せずにいられない。この世の終りに生まれ、主の来られるのを幸運にも見ることができることに感謝する。確かに私達は迫害の苦難を受けているが、それは「永遠の重い栄光をあふれるばかりに」を受けるための代償なのだ。何と素晴らしい祝福だろうか。この切なる願望と主によって授けられた恵みによって、私達は落ち着いた心でひんぱんに祈ることができるし、さらにひんぱんに集うのである。もしかしたら来年、明日、いや、ひょっとしたらもっと早く、誰も予期していないときに、主は突然やって来て、主をひたすら待ち望んでいる人々の集団のもとに現れるかもしれない。主の出現を見る最初の集団となるために、天に引き上げられる人々のうちの一人となるために、遅れを取りたくないから皆我先にと争っている。