The Appearance of God | The Origin and Development of the Church of Almighty God 54:20
全能神教会の起源と進展

全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト、全能神の現れと働きによって、しかも全能神の義なる裁きと刑罰のもとに出現しました。教会は全能神の終わりの日の働きを真に受け入れ、神の言葉によって征服され、救われた人々で構成されています。教会は完全に全能神自身により設立され、全能神が直接導き、司牧しています。決して人によって設立されたのではありません。これは全能神教会の選ばれたすべての人々が認める事実です。肉となった神に使われる人は誰であれ、神にそのように前もって定められており、神によって直接指名され、証しされます。これはちょうどイエスが自ら十二使徒を選び、指名なさったのと同じです。

  • 東方閃電はどこに由来するのか

    私たちは今、主の再臨の預言が基本的には成就している終わりの日を生きています。そして何千もの敬虔な信者たちが、主イエスの再臨を待ち望んでいます。しかし同時に東方閃電は、主イエスは終わりの日の受肉をし、全能神として既に再臨しており、神の家族から裁きの働きを既に始めているという証を告げ知らせています。東方…

  • 東方閃電が繁栄した理由

    東方閃電の話になると、主を信仰する兄弟姉妹の多くが困惑します。宗教界が全体的にますます荒廃し、堕落していく中で、そして各宗派が東方閃電をますます警戒し、それを非難して追放する姿勢を維持しようとする中で、どうして東方閃電は荒廃したり、衰退することはおろか、止まらぬ大波のように勢力を伸ばし、中国本土全体…

  • なぜ東方閃電の急伸展の勢いは止まらないのか

    もし東方閃電が唯一の真の神の出現と働きでなければ、宗教界や無神論の中共政府が次から次へと仕掛ける妨害や反抗や迫害を鉄壁の要塞のように突破することも、中国全土や世界の他の国々に急速に広がることもできたでしょうか?

  • 全能神の教会はどのように出現したか

    キリスト教の教会同様、全能神教会は肉となった神の働きによって出現した。キリスト教の教会は肉となった主イエスの出現と働きによって実現し、全能神教会は肉となった終わりの日の全能神の出現と働きによって実現した。したがって、世の初めから代々にわたっての教会は肉となった神の出現と働きによって作り出された。肉と…

  • なぜ神は神の国の時代に全能神という名前を選ぶのか

    「全能神とは、終わりの日の主イエスの再臨なのだから、裁きの働きをするために終わりの日にやって来る主イエスは全能神と呼ばれるのだ」と言われても、多くの人々にはその理由がわからない。なぜ彼は主イエスと呼ばれ続けないのだろう。実際、神は新たな働きの段階を始めるごとに新しい名前を使う。この新しい名前は神自ら…

  • 噂を信用すれば、終わりの日の神の救いを失う

    パリサイ人たちは偽りを広め、神を中傷し、冒涜し、彼らがどんな結末に至ったかは誰にでも見当がつきますが、それらの嘘と中傷を真実としたユダヤの人々の結末はどうだったか―同様に悲劇的ではなかったでしょうか?

裁きが神の家から始まった 裁きが神の家から始まった

もっと見る
更なる福音の真理

主イエスと全能神は同じ神ならば、救われるのにはイエスを信じるだけで十分ではないのか。

答えを見る

すでに主イエスを信じているなら、なぜ救いを得るために全能神を信じなければならないのか。

答えを見る

偽のキリストとは何か。

答えを見る

神は来たとあなたたちは言ったが、私たちは信じる気になれない。なぜなら「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう」(マタイによる福音書 24:23-24)と聖書に書いてあるからである。真のキリストと偽キリストたちを実際にどのように区別するのか。

答えを見る

信者はどのように神の声を区別し、それが真理の道であると確認するべきか。

答えを見る

終わりの日に神が行った新しい働きに直面して、これが真理の道であるとどのように確認すればよいのか。

答えを見る

質問6.中共は無神論者であり、神と真理を敵視しているのだと。奴らはサタンの化身です。サタンと悪霊の生まれ変わりであり、神の宿敵です!だから、中国で働かれる神を狂ったように弾圧し迫害するのも、うなずける。でも宗教界の指導者は聖書に精通した、神のしもべなのに、終わりの日の全能神の働きを学ぼうとするどころか、非難して、徹底的に拒否しています。確かにどうかしています。中共が神を非難するのは当然ですが、なぜ宗教指導者まで神の働きを拒むのでしょうか?

答えを見る

質問5.全能神を受け入れて以来、牧師たちが邪魔をして、聖書の説明ばかりして、反論しても、拒否しても、しつこく付きまとうんです。嫌がらせです。私たちが弱気の時は、こんなに熱心じゃなかったのに、全能神を受け入れた途端に激しく怒りだして、あの手この手を使って、人を悩ませて、気が休まりません。私たちを地獄に引きずり込むつもりですよ。不思議です、牧師も長老も主に仕え聖書にも詳しい、だから全能神が示した言葉はすべて真理だと分かるはずなのに、なぜ学ぼうとしないのでしょう?全能神を拒んで冒涜する前に、終わりの日の御働きを調べてみればいいのに、なぜ彼らが全能神を受け入れるのを阻むのか?どうしても理解に苦しみます、説明してくださいますか?

答えを見る

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

答えを見る

質問3.聖書にこうあります。「それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。」(テサロニケ人への第一の手紙 4:17)これはどう解釈します?

答えを見る

質問2.でも信仰によって、永遠の命を得られるはずだとみな思っています。主の言葉はそれを裏づけます。主イエスは言われた。「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。」(ヨハネによる福音書 11:25-26)「しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。」(ヨハネによる福音書 4:14) これは主イエスのお約束です。主は永遠の命を与えてくださる、主の道は永遠の命への道です。聖書には「御子を信じる者は永遠の命をもつ。御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである」(ヨハネによる福音書 3:36)と。主イエスは人の子でありキリストじゃないですか。主イエスを信じれば、永遠の命を得ることができるんでしょう?終わりの日のキリストが、永遠の命を与えてくださると言われましたね。そこが理解できません。私たちは主イエスの信者です。それだけでは、永遠の命を得られないんですか?なぜ終わりの日のキリストの御言葉や働きを受け入れなきゃならないんです?

答えを見る

質問1.聖書は神様の業の証しであり、人類に多大な恩恵をもたらしました。聖書を読むと神様は、万物の創造主であると分かります。神様の驚異的で偉大な業と、全能性が理解できます。聖書には御言葉の多くが書いてあるのに、なぜ聖書には永遠の命への道みつからないのでしょう。

答えを見る